診療科・部門

整形老年診療科イメージ

整形老年診療科

診療科の概要

整形老年診療科は、高齢者の整形外科入院患者さまの内科的部分を担当致します。整形外科の入院患者さまの特徴として、高齢者が多く、年齢とともに、心疾患、糖尿病、認知症、運動器疾患などの慢性疾患が増加します。そのため入院中に感染症やせん妄などの合併症が生じ、入院期間が延び、日常生活動作が低下する可能性があります。これに対応するため2023年9月より整形老年診療科を新設しました。内科的慢性疾患の管理や合併症への対応に加え、他職種と連携して、患者さまに対して包括的なケアも提供いたします。

ケアの内容

整形老年診療科の主な診療内容は以下になります。

患者面談と退院調整

  • 入院時に患者さんやご家族と面談を通じて、患者さんの日常生活動作や社会的背景などを包括的に評価します。
  • 入院後の面談では、入院経過やリハビリの現状を共有し、患者さんやご家族と一緒に目標について話し合います。
  • 面談には看護師と医療ソーシャルワーカーも同席し、患者さんやご家族のケアと介護サービスの利用や調整のサポートを行います。

早期手術のサポートと術後診療

  • 手術前にリスク評価を実施し、安全な手術を可能にする体制を整えます。
  • 大腿骨近位部骨折(48時間以内に手術を行うことが重要視されております)の患者さんが早期手術できるようにサポートします。
  • 手術後は血糖管理や疼痛管理を行い、感染症やせん妄などの合併症にも対応いたします。

他職種連携

  • リハビリテーション室との連携により、リハビリの現状や今後の見通しを共有し、退院の支援を行います。筋力低下が目立つ場合は、栄養科と連携し、リハビリと栄養双方からアプローチを行います。
  • 栄養科と連携して、入院中の栄養管理を行います。栄養状態の評価を行い、個別にタンパク質やカロリー摂取を促すためのサポートを提供します。
  • 薬剤部と連携して、服薬管理に取り組みます。多くの薬を服薬されている患者さんに対しては、薬の副作用による転倒や骨折のリスクにも注意し、必要に応じて服薬調整を行います。

骨粗鬆症治療

  • 既存骨折が新しい骨折のリスクが増加させるため、骨粗鬆症治療にも力を入れております。
  • 院内の骨折リエゾンサービスチームと連携して、必要な患者さんには骨粗鬆症治療を開始し、退院後も治療の継続もサポートします。

先生紹介

  • 野瀬 貴久

    院長野瀬 貴久Takahisa Nose

    専門
    循環器内科
    卒業
    関西医科大学医学部(1998)
    経歴
    神戸大学医学部第一内科(循環器呼吸器内科) 入局
    兵庫県立柏原病院 研修
    国立明石病院(現、明石医療センター) 研修
    神戸大学医学部附属病院循環器内科
    兵庫県立柏原病院
    済生会兵庫県病院
    神戸百年記念病院
    医療法人社団十善会野瀬病院 診療部長 就任
    医療法人社団十善会野瀬病院 副院長 就任
    医療法人社団十善会野瀬病院 院長 就任
    資格
    日本医師会認定産業医 / 難病指定医 / 社団法人日本内科学会認定内科医
  • 前田 豊敬

    常勤医師前田 豊敬Toyotaka Maeda

    専門
    麻酔科
    卒業
    鹿児島大学医学部医学科(2012)
    経歴
    医療法人社団せいゆう会神明病院
    医療法人敬幸会垣田医院
    加古川東市民病院
    湘南鎌倉総合病院
    野崎徳洲会病院
    野崎徳洲会病院
    医仁会ふくやま病院
    医療法人社団十善会野瀬病院
    資格
    麻酔科専門医
  • 遠藤 啓孝

    医師遠藤 啓孝Hirotaka Endo

    経歴
    中部徳洲会病院 総合診療科/集中治療科
    沖永良部徳洲会病院 内科
    TMGあさか医療センター 神経集中治療部
    神戸市立医療センター中央市民病院 救急科
    三重大学医学部附属病院 救命救急・総合集中治療センター
    志摩市民病院 非常勤医師

野瀬病院

〒653-0042 兵庫県神戸市長田区二葉町5丁目1-36
TEL: 078-641-2424(代表) / FAX: 078-641-2624 / メール: nose-hp@juzenkai-group.or.jp
診療時間: 月〜土 9:00 ~ 12:00 / 月〜木 17:00 ~ 18:30
休診日: 金曜午後・土曜午後・日曜・祝日
面会時間: 10:00 〜 20:00